1 名前:きゅう ★@\(^o^)/:2017/03/19(日) 16:19:28.74 ID:CAP_USER.net
【平壌3月18日発朝鮮中央通信】朝鮮半島で「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル」合同軍事演習の本格化と共に、米国の侵略的・犯罪的悪巧みも日ごとに明確になっている。

米国は、合同軍事演習の延長線で先日、悪名高い最精鋭テロ部隊と呼ばれる米海軍特殊戦団「シールズ」部隊、米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」、デルタ部隊など、米連合特殊作戦部隊まで総動員して「平壌浸透」「斬首作戦」の準備、われわれの軍事指揮機構無力化などを狙った歴代最大規模のヒステリックな軍事演習を行っている。

一方、誰それの「挑発」に対処するという口実の下で、合同軍事演習とは別途に日本海上「自衛隊」の護衛艦、米軍の原子力空母「カール・ビンソン」号、駆逐艦、補給艦などで構成された空母戦団の海上合同軍事演習も行った。

これは、反帝・自主の道へ力強く前進するわが共和国をなんとしても抹殺しようとする米国の核戦争策動のエスカレートであり、侵略的な敵視策動の明確な発露である。

米国は、今回の合同軍事演習策動によってわが革命の首脳部を狙った「斬首作戦」と核攻撃手段に対する先制打撃作戦などの実戦の可能性を確定している。

われわれの重要核施設に先制攻撃を加えるのを基本とする新しい戦時連合作戦方案である「作戦計画5015」を稼動させた米国は、3月10日から原子力空母「カール・ビンソン」号と誘導弾巡洋艦「レイク・チャンプレーン」号、イージス駆逐艦である「マイケル・マーフィー」号、「マイアー」号で編成された原子力空母打撃団を朝鮮東海上に隠密に機動展開させて、わが方の地域に対する不意の奇襲打撃訓練に進入した。

3月15日には、グアムのアンダーセン空軍基地から離陸させた核戦略爆撃機B1B編隊を南朝鮮の上東射撃場の上空に密かに引き込んで約1時間もわれわれの主要対象物を先制打撃するための核爆弾投下演習を強行した。

核火薬庫同様の南朝鮮で危険極まりない戦争演習に狂奔する米国こそ、朝鮮半島をはじめとする北東アジアの平和と安定を破壊する張本人、情勢激化の主犯である。

米国が堂々たる核強国の地位に上がったわが共和国を圧殺してみるということは妄想であり、最後の滅亡を早める道である。

米国は、自分らの核戦争策動に対処したわが軍隊の軍事的対応方式が先制攻撃的な方式に転換したことに対して瞬間も忘れない方がよかろう。

現在、演習に動員された原子力空母をはじめ敵対勢力のすべての戦略資産は、わが軍隊の強力で威力ある超精密打撃手段の照準鏡内に入っている。

わが共和国の自主権が行使される神聖な領土と領海、領空にたった一点の火の粉でもはじくなら、われわれのチュチェ兵器が侵略と挑発の本拠地を生存不可能にことごとく焦土化してしまうということは決して、空言ではない。

われわれの自主権と尊厳に少しでも侵害する者は、誰であれ、絶対に慈悲を願ってはいけない。---

http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1489907968



【この記事の続きを読む】