1 名前:野良ハムスター ★:2018/05/16(水) 09:28:53.00 ID:CAP_USER.net

長野県在住の男性(64)が、人獣感染症「ブルセラ症」に感染し、腎機能不全になる重い症状になっていたことが15日、国立感染症研究所への取材で分かった。感染研が調べたところ、国内外に存在しない新種の菌であることが判明。家畜によるブルセラ症の菌は海外から持ち込まれるが、男性に渡航歴はなく、感染研などは感染源や経路などを調べている。

感染研などによると、男性はかつてトラック運送業に従事し、現在は無職。自宅は長野県内の山奥にあり、海外へ行ったことはなく、猫や鶏を飼育しているという。

男性は昨年4月上旬ごろ食欲不振に陥り、39度を超える高熱が1週間続いた。2カ月後には腎機能が急速に悪化し、急性腎障害による尿毒症の診断で入院し、血液透析などを行った。治療後も腎機能は回復せず、現在も透析治療を受けているという。

感染研は、病院から男性の検体の送付を受けて診断。これまでに報告されていないブルセラ症の新しい菌種であることが分かった。感染経路を特定するため、男性への聞き取りのほか、自宅周辺の土壌や鶏糞などを採取して調べたが、ブルセラ菌は検出されなかった。

ただ、菌の遺伝子解析で、宿主がネズミなどの齧歯(げっし)目に近いことも判明。感染したネズミなどと男性が接触した可能性もあるという。感染研の担当者は「特異な事例であり、一般の人が心配するような感染例ではない」と説明した。

https://www.sankei.com/life/news/180516/lif1805160009-n1.html


引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1526430533



【この記事の続きを読む】