1: ティータイム ★ 2018/06/20(水) 21:50:41.08 ID:CAP_USER9
千葉日報 6/20(水) 21:22配信

千葉市内を中心に運行するバス会社「千葉中央バス」(同市緑区、笹尾充宏社長)の男性運転手(49)が、乗客に暴言を吐いていたことが20日、千葉日報社の取材で分かった。
千葉中央バスは男性運転手の暴言を認め、「乗務員としてあってはならないこと」として、近く運転手を処分する方針。

同社などによると、男性運転手は16日、千葉駅発千葉営業所行きの路線バスを運転。
千葉駅の停留所で、バスに乗ろうとした客がいたにもかかわらず、後続のバスに乗るよう車外通話で説明し、十分に確認せず発車するためドアを閉めた。

乗車できなかった客が、閉じたバスのドアをたたいて乗車させるよう求めると、男性運転手はドアを開いて客を乗せた。

男性客が運転手に近づき「なんでドアを閉めたんだ」と問い詰めると、運転手は「この野郎」「お前なんか降りろ」などと暴言を吐いたという。

同社によると、運転手は千葉駅に約5分遅れで到着し、十分な確認をせずにドアを閉めた理由について同社の聞き取りに「後続のバスが来ていたため」と説明。
暴言を吐いたことには「ドアをたたかれて気持ちが高ぶり、言い争ってしまった」などと弁明しているという。

同社は「サービス業としてあってはならない行為で、恥ずかしいこと。全乗務員に心を引き締めて接客するよう注意を促したい」としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00010008-chibatopi-l12

引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529499041/



【この記事の続きを読む】